メニュー

スタッフの声

もりかわ皮フ科を支えてくれるスタッフは常勤看護師3名、常勤医療事務兼看護助手3名、パート医療事務兼看護助手1名、パート医療事務1名の計8名、全員女性です。医療業界は職員の定着率が低く、1医療機関における在籍期間が短いのが特徴と言われています。その中で職員の定着率が高く、在籍期間が長いのが、もりかわ皮フ科の自慢のひとつです。そんな彼女たちの声を聞いてみました。

1. 前職は?

611955

  • 看護師
  • 准看
  • 会社員
  • 美容師です。
  • サービス職
  • 生命保険代理店スタッフ
  • 小売業
  • 幼稚園教諭

2. どうしてもりかわ皮フ科を選んだのか?

  • 自宅より近く、定年まで勤務できる所
  • 7年のブランクがあり、皮フ科だから注射や採血はないだろうと思って選んだ。
  • 自分も子供もアトピーなので、皮フについて学びたいと思いました。
  • 多くの人と関わる医療事務なら美容師時代の接客を少しでも活かせると思いました。
  • 以前から良い評判を何度か聞いた事があったからです。
  • 入職前からもりかわ皮フ科を知っていた。医療事務未経験でもOKで自宅から近く、通勤しやすい為
  • ホームページの口こみの印象と自宅からの通いやすさで選びました。
  • 前職とは違うことにチャレンジし、新しい成長に繋げたいと考え探していた際、いつの時代にも、どこの地域にも決して欠かすことのできない医療の現場で働ける事ができたら、と考えました。そして、私自身幼い頃から一番お世話になっていたと言っても過言ではない「皮膚科」という場で、自身のためにもなる知識を深めていきながら、少しでも貢献していけたらと考えました。

3. 入職の決め手

190519スタッフの声写真2

  • 信頼できるDr.と出会えた事
  • 面接の時、こんなにベラベラ生活環境や趣味を話してもいいんだろうか?就職に不利な条件をならびたてている気がすると不安になった。採用の連絡をいただいた時には、ここなら何かあっても相談出来ると思った。
  • 皮フについて学べ、いろいろな人と接することができると思いました。
  • 未経験OKで一から色々と学べると思いました。
  • 試用期間中にもりかわ皮フ科が患者さんから深く信頼されているのを実感しました。
    また、未経験の私に根気よく指導して下さったからです。
  • 以前より興味のあった医療事務の仕事ができるから
  • 医療分野未経験でしたが、新しい分野に挑戦してみたく、入職を決めました。
  • 新しい土地での生活が始まったばかりで、家事と仕事の両立にも不安を感じていましたが、当院では空いている時間に家事も無理なく行うことができ、また、県外の実家への帰省の際も快く融通して頂けました。そして、老若男女問わず日々多くの方が来院されている当院で、人と触れ合うことが好きな私が患者様お一人おひとりと接する中で、前職で培ってきたコミュニケーション能力を活かせるのではないかと考えました。

4. もりかわ皮フ科で成長できたこと

  • 今までより、より一層の責任感
  • あき箱、ダンボール等で備品を作り、仕事がやりやすくなったような気がしている(自己満足かも)。
  • 優先順位がつけれる(仕事、家庭)。
  • いろいろな年代の人にどう説明したらわかりやすいか常に考えるようになりました。
  • 多くの患者さんがみえるので、少しでも診察がスムーズに進むようように周りを見て仕事が出来る様になったと思います。プライベートでお店に行ってもついスタッフの働きを見てしまいます。
  • 限られた時間の中で様々な業務を効率よく行う為に周りをよく見て考えながら行動するようになりました。
  • 覚えることが多く大変ですが、広い視野で動けるようになれる(といいなと思います)。
  • 仕事の優先順位を考えて行動することです。
  • まず皮膚の病気やトラブルとそれに伴う症状について、また併せて様々な外用剤の知識を深めることができました。更に、年齢層の様々な患者様お一人おひとりに合った説明や声掛け、必要な援助などを常に丁寧に、的確に行っている先生や看護師の方、スタッフの方の姿を見て、私もお一人おひとりの気持ちに寄り添いながら、それぞれのニーズにあった対応をすることを大切に心掛けるようになった。

5. 他人にもりかわ皮フ科を説明するとき、どのように説明しますか?

190519スタッフの声写真1

  • やさしく信頼できる先生がいる病院ですよ
  • (知人、友人の場合)うちの先生名医だから、確実な診断つけてもらった方がいいよと話します。
  • 病気の説明をしっかりしてくれる。
  • 治療方法が複数ある時はそれぞれのメリット、デメリットを説明し、どれを選択するか一緒に考えてくれる。
  • 皮フの強さ、病状におうじて薬の使い方を細かく分けていて、病状の経過によって使い方を変えていくのでアフターケアがしっかりしていると思う。
  • 患者さんからの支持が厚く、市外から来院される方もたくさんいらっしゃいます。
    隣接する市だけでなく、名古屋市・蒲郡市などから通院されている方もみえます。
  • 混雑していることが多く、予約も遅い時間になることもありますが、それでも待って頂ける患者さんがいるので、信頼されている病院だと思います。
  • 院長先生の丁寧な診察で昔からの患者さんも多く、多少の待ち時間は有りますが、人気の病院です。
  • 初診の際には、先生が患者様の話を聞き、しっかりと診察を行ったうえで、病名や原因、今後の治療の流れなどを丁寧に説明して下さり、薬や処置の方法についても看護師さんやスタッフの方がしっかりと教えて下さります。その後の診察では、症状の変化や経過をしっかりと確認しながら薬や処置の方法などを、その都度しっかり診て説明して下さるので信頼でき、いつでもどなたでも安心して通えると思います。スタッフの方々も皆さん温かく、私自身も働き始めたばかりの頃から、何度も丁寧に教えて下さったり、優しくサポートして下さったり、相談ものって頂いたりしながら、県外から来た私にとってとても居心地のよい、温かな職場です。

6. もりかわ皮フ科に入ってしか得られないと思うこと

  • 仕事に対する責任感と人との接し方
  • これまで、子育て、介護等で、その都度、相談し、サポートしていただき、感謝しています。ここで働けてよかったと思います。
  • 皮フの知識。今までは傷ややけどなど最初のうちしか薬を塗ったりしていませんでしたが、その後のケアもしっかりすることがきれいに皮フを治すために大切だと知りました。
  • 患者さんから「ありがとう」や「すごく良くなった」などのお声を頂くこと。
  • 多くの患者さんが来院される中で、その方々一人一人に合った説明や応対をする為のスキルを得られます。
  • 忙しいので、効率よく動くにはどうしたらいいのか?と考えることができること
  • 皮膚のトラブルや沢山の種類の外用剤に関して、自身のためにもなるような様々な知識や注意点。また、病名で括られるのではなく、個人個人の皮膚の症状や状態、経過などによって治療の方法や薬の使用方法は異なり、治していくということ。

7. 院長はどんな人?

  • どんな患者さんにもやさしく親身になって治療をしていくDr.です。
  • 自分にきびしく、他人にやさしい。
  • とにかく優しい。患者さんに病名だけでなく、ていねいに病気の説明をする先生.子供好き。
  • 患者さんからの信頼があつく、子供からも好かれています。先生が子供好きなのが小さな子も自然と分かるんだと思います。
  • 優しい人柄で、病気に対して不安な気持ちで来院される患者さんが安心するような診察をしています。現在の症状を治すだけでなく継続的に治療が必要な場合は将来の事も考えて治療を行い、親身になっていると感じます。また、私たちスタッフの事も気に掛けて下さいます。
  • 色々と配慮してくださる優しい方
  • 患者さんへだけではなく、スタッフへも親切、丁寧に対応してくださります。
  • とても温かく、スタッフや患者様お一人おひとりの話を親身になって聞いてくださいます。いつも笑顔で小さいお子様にも、優しく分かりやすく話し掛けてくださったり、お一人おひとりの気持ちに寄り添って話して下さるので、老若男女問わず、安心して診ていただける先生だと思います。

もりかわ皮フ科はすべての職員がより働きやすい環境を目指して努力を続けていきます。すべての職員が働きやすい環境が当院の地域医療への貢献の原動力であると信じています。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME